フィリピンに潜む貧困の闇 スラムに生まれた子供達 抜け出せないドロ沼経済事情

フィリピンの貧困の闇 スラムに生まれた子供達はどのような生活をしているのか?何かしてあげられる事は無いのか?教育事がスラムの現状を救うカギとなる

記事を読む

フィリピンの観光ビザ(無査証)延長・更新の手続きと実務の方法

ダバオイミグレーション フィリピンの生活
ダバオイミグレーション

ブログ村バナー

またまた行ってきました、でびきんです。
もうダバオ(フィリピン)に住んで約一年半になりますから、もう何度もビザの延長はしているのですが、即日配布されたりされなかったり、コロコロ変わるのがめんどくさいです。
フィリピン現地で初めてVISAを延長する人は色々迷う事もあると思ったので記事にしたいと思います。

また、フィリピンでは最大どれだけ連続で滞在できるの?と言うような疑問はこちらの記事で紹介しています。

参考記事: フィリピンで最大滞在は最長何日?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

観光ビザの延長更新手続き

ビザの有効期限とか入国してから最初の30日の件については前述の記事に任せるとして、実際の手続きの方法を紹介したいと思います。

イミグレーション事務所の場所

ダバオイミグレーション

ダバオイミグレーション

地図はクリックすると別窓でGoogleMapが開きます。
場所は空港付近にもあるようですが、私がいつも行ってるのはココです。
ダバオのBajada(バハダ)にあるイミグレーションオフィスです。
真向いに道路を挟んでVictoriaモールがありますから、タクシーなら『ビクトリアモール!』と言えば一発で連れてってくれますが、ビクトリアモールの裏側に連れて行かれる事もあるので、ビクトリアモール フロントオブ イミグレーション!と言う方が良いと思います。
イミグレオフィスに向かって左手にはゲートがあって雑店舗があります。
ここでパスポートのコピーが必要になりますから、覚えて置いた方が良いです。
直接行ってもコピー取ってこい!って言われて追い返されてしまいます。

入国管理局にはドレスコードがある

ダバオイミグレーション

ダバオイミグレーション

気を付けたいのは、イミグレにはドレスコードがあります
私も以前それを知らなくて、中に入れなかった事がありますが、向いのビクトリアモールでTシャツを買って入れて貰った経験があります(笑

ドレスコードと言っても非常に簡易的なものですから、緊張する必要はありません

  • サンダルOK
  • 短パンOK
  • TシャツOK

ですから、非常に緩いです、何がダメなのかと言うと、ノースリーブがダメになります。
最低でもTシャツは着て行かないと、中に入れてくれませんので気を付けて下さい。

観光ビザの延長に顔写真は必要ない?

ACRカード

ACR-Iカード(エイリアンカード[外人登録証])の申請の場合は『顔写真』を2枚撮影して提出する必要はありません。
必要なのは顔写真が入ったパスポートのページのコピーが1枚必要になるだけです。
その他、入国から30日以内ならば、7日前でも延長の申請を受け付けてくれますが、出来るだけギリギリで行った方がタイムスタンプもより長く作ってくれますので、7日前に行ったら早過ぎで勿体ないです。

何故なら、一番最初のビザが入国後30日以内で次回も30日以内の延長を申請するのですが、その際に申請が早くなると、その分の日数がカットされてしまいます。

1.入国(30日以内)2.延長申請(30日) 3.ビザ延長(30日)4.ビザ延長(最大6か月まで) 
6か月延長を繰り返し合計最大3年までビザを延長し続ける事が出来ます。

2番の時の延長申請のタイミングが早いと本来入国から30日の所、5日前に申請に行くと5日分カットされてしまいます。

観光ビザ申請の方法と必要書類

ここから観光ビザ申請のお作法となるわけですが、まずはイミグレ向かって左手の商店群を目指します。
踏切のようなゲートを潜って左手か突き当りにあるコピーと書かれた(書かれてない店多数)店が数件ありますので、そこに入って『コピーお願い!』と言います。

必要になるコピーは2枚です。

  • パスポート顔写真があるページ
  • 出入国履歴の最終ページ

上記の2枚のコピーが必要になりますから、コピーして貰って下さい。

価格は大体どこの店に入ったとしても4ペソか5ペソ(約10円程度)です。

商店群はこんな光景です。

観光ビザ申請のお作法

観光ビザ申請のお作法

こんな感じです

私がいつも行くのは左の黄色いメニューが出てる奥隣の店か、突き当り左側の店を利用しています。

コピーとパスポートを持って入国管理局へ

書類が揃ったらいよいよイミグレに入って行きます。
入口にガードマンが居り、その前にノートがありますので、一番最後の欄に、自分の名前・国籍・要件(VISA)・署名・現在の時間を記入したら中に入れて貰えます。

中に入ったら、受付(案内)窓口で『エクステンション!』って言えば申請用紙をくれます。
残念ながら申請用紙の写真を撮り忘れたのですが、簡単ですし、分からなければ受付で聞くと教えてくれます。
記入項目は、国籍、生まれた国、ダバオで住んでる住所、電話番号、生年月日、滞在目的、身長・体重ぐらいです。

記入したら、同じ受付(案内)窓口に提出して、ロビーで座って待っていると清算受付から名前を呼ばれますので、提示された金額を支払って再びロビーで座って待機します。

今度は、受付窓口でパスポートと領収書が返還され、滞在延長のシールがパスポートに貼られているはずです。

これで、全ての工程が完了します、所要時間はコピー取る所から考えても約30分~1時間と言った所です。
月曜日の午後は結構込み合ってますから、出来るだけ月曜日は避けた方が良いでしょう。

ちなみに、滞在期限の約1週間ほど前から延長申請を受け付けてくれるようですから、早めに行っておきたい所ですね。

コメント

トップへ戻る