フィリピンに潜む貧困の闇 スラムに生まれた子供達 抜け出せないドロ沼経済事情

フィリピンの貧困の闇 スラムに生まれた子供達はどのような生活をしているのか?何かしてあげられる事は無いのか?教育事がスラムの現状を救うカギとなる

記事を読む

【ゴキブリ注意】フィリピン生活で避けては通れない蟲のお話

フィリピンで語る虫の話 フィリピンの生活

ブログ村バナー

ども!でびきんです。

これからフィリピンに長期滞在するぞ!と言う『移住組』『留学組』の方にとって不安なのは『虫』の存在では無いでしょうか?

世界で一番人を殺している動物は人間の次に『蚊』なのです。

蚊と言えば怖いのが『デング熱』『マラリア』などの蚊を媒介とした病気について心配すると思います。

実はそんな私も移住前は軽く考えて居ましたが、いざ住む段階になって『真ダニ』『ゴキブリ』の話を聞いて驚愕し、一旦は移住辞めとこうかな・・・・・と意気消沈したものでした。

今日は私が実際にフィリピンはダバオに移住して感じた事や『虫』と戦った事などについてお話したいと思います。

注意: この記事は写真を踏まえてフィリピンで出会う虫についてお話しています。
虫に嫌悪感があったり虫の写真を見たくない!と言う人はご遠慮下さい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィリピンに蚊はあまり居ない

フィリピンで家探し

フィリピンで家探し

熱い国だからフィリピンには蚊がめちゃくちゃ居るんじゃないか?と思っている方も多いと思いますが、実はフィリピンに『蚊』は少ないと思います。

何故なら、日本のように公園の木々に蚊の大群が飛びまくって『蚊柱』が出来ている事がありますが、フィリピンで蚊柱を見た事がありません。

 

『蚊柱』を知らない人の為に補足しますと、公園の木のソバで蚊が大群を作って飛ぶ為に『空中に丸い虫の塊』が出来ているように見えるアレです。

それに実際に私の家の中でも『蚊』が飛んでいるのを殆ど見た事がありません。

私が住んでいる場所は『ダバオ』と言ってマニラよりもセブ島よりも、もっと南のミンダナオ島の島の南に位置する場所に住んでいます。

丁度フィリピンで言う第三都心ですが、ダバオは自然がいっぱいで未開拓の土地も沢山存在しているような場所です。

写真は実際の私の家ですが、1日を通して涼しい風が入ってくるので家のドアは開けっ放しにしていますが虫が入ってくる事はあまりありません。

蚊が少ないのはフィリピンの生態系が原因?

これは私の憶測ではありますが、フィリピンに『蚊』が少ないのは生態系の問題では無いだろうかと思います。
日本は蚊以外の虫が減りボウフラや蚊を食べる天敵が少ないからではないでしょうか?

フィリピンには至る所で『ヤモリ』を見かけます。

恐らくこのヤモリが小さな蜘蛛やダニなどを食べたり、ボウフラを食べたりしてるからではないか?もしくは第3の何かが蚊を減らしているように思います。

毎日シャワーを浴びる為に、タンクに水を貯めているのですが、そこでも水回りなのにボウフラが湧いているような事もありませんし、蚊が飛び交っているような事もありません。

と言うわけで、フィリピンに移住して3年目になりますが、私はフィリピンで蚊に咬まれた経験があまり無いので『蚊』に対する心配はあまりしないで良いのではないかと思います。

フィリピンのゴキブリは超強力!

フィリピンで出会うゴキブリ

フィリピンで出会うゴキブリは超強力です。
だって空を飛びます!しかも10秒以上飛行します

つい先日も夜テラスに出ていたら、『バサバサバサ』と羽音がして見てみると私の頭上からゴキブリがやってきて、私の頭の上を超えて行きました。

もうそれだけで怖いですよね(笑

私がフィリピンの家に住みだした初日も、家に帰ってきてマットレスに横になった瞬間、私の脇の下辺りをヒョロヒョロと走る何かを発見して、慌てて起き上ったらゴキブリの野郎でした。

住み始めて1週間~10日間は頻繁に家の中でゴキブリを見かけましたが、今となっては家の中でゴキブリを見かけるのは月に2回か3回程度です。

主にフィリピンのゴキブリは家の中で繁殖せずに、どうやら外から入ってくるゴキブリが殆どだと思います。

逆に言えばゴキブリが侵入してくる家のスキマを埋めてしまえばどうって事ありません。

ゴキブリの大きさは7㎝前後ある

先日、家に入ってきたゴキブリと格闘していた時に、ゴキブリが中庭の扉の下を通って逃げて行ったんです。
私は追いかけて中庭(シャワーを浴びる部屋)に出て、水道があるのですが、水道のシンクの下に・・・20匹ぐらいゴキブリがウヨウヨと居たのです!

やっべーー!めっちゃおるやん!

となって、スプレーを一気にドバーーッと撒いて、少し下がりました。
何故ならスプレーをまくとゴキブリたちが騒ぎ出して、散り散りになって暴れ回るからです。
下手すると、天井の板のつなぎ目から落ちてくる可能性まであります(笑

その場は追加で2・3回スプレーを追加したのですが、朝起きたら家の廊下や中庭で10匹以上ゴキブリの死骸が転がっていました。

もちろん、全て5㎝以上はあったと思います。
しかも、全員飛べるゴキ達です(笑

フィリピンで必須な害虫対策

フィリピンの害虫対策

フィリピンでピカイチで効果を発揮する殺虫剤は間違いなく『KWIK(クウィック)』です。
どうやら中国製のようですが、コイツはゴキジェットと同等の殺虫能力を持っていて、しかも大手モールやスーパーなどでも手軽に手に入りますから、私はこいつを足元に常に常備しています。

 

ちなみにフィリピンの家に虫が多い事は予め知っていましたから、移住する際に日本からバルサン4つとねずみ捕りシート4枚とブラックキャップとホウ酸の粉(1㎏)を持参していました(笑

しかし、空港の荷物検査でひっかかり、バルサンは火を使わない水タイプでも『ゴキブリを殺すと言う事は人も殺すから』と言う理由で空港で没収されてしまいました(笑

その他、害虫対策の液体系の薬は全て没収されてしまいますから、留学や移住する際は出来るだけフィリピンにある物で対応する方が良さそうです。

ちなみに日本にある害虫対策で空港パスするのは以下の通りです。

  1. ブラックキャップ
  2. ゴキジェット(機内持ち込みはダメ。大量に持ち込むのもダメ)
  3. コンバット
  4. ねずみ捕りシート
  5. ゴキブリホイホイ

恐らくバルサンもバレなければ大丈夫だと思いますが念の為持ち込まない方が良いでしょう。

南国では仕方ないアリの件

フィリピンのアリ

ゴキブリに続いて多いのはアリです。フィリピンではそんなに大きなアリは見かける事がありません。
アリはフィリピンのホテルで泊まった時も枕元などにも居ましたし、至る所にアリが発生しています。

熱い国だし、ある程度はしょうがないのかな?とも思いますが、大量に発生されるのは困ります。

アリに咬まれると意外と痛いです。

私の家でも住み始め当初からアリは居ましたが、今ではかなり少なくなっています。

対策としては家の周りのアリの巣を見つけては『ホウ酸を溶かした熱湯』を流す作戦で激減しました。

私が買ったのはホウ酸です。
これを2個買って1㎏持ち込みました。
ホウ酸なら、薄力粉と混ぜてホウ酸団子も作れますしアリにもムカデにも効果があります
アマゾンで買う | 楽天で買う

これは2年経った未だに残っていますし少しずつ使っていますので重宝しています。
たまに家の周りに粉末のままスプーンで少しずつ撒いてアリ対策としても使っています。

アリだけは恐らく完全に駆除する事は出来ないと思いますが、ホウ酸などを使って激減させる事には成功しています。

フィリピンのヤモリは常に家に2匹以上

フィリピンのゲッコー

あと、常に家の中に居るのはコイツGeckoです。

Geckoとは日本語でヤモリの事です。フィリピンのヤモリは家の中に居る蜘蛛を食べてくれたりアリを食べてくれたりと家の中の小さな虫を駆除してくれるので、基本的には放置していますが、夜中にキッチンに行って飲み物を取りに行った際などに、スーパーの袋が『ゴソゴソ』と動いてビビらされる事があります(笑

主に10㎝程度の小さなヤモリしか見た事ありませんが、コイツが大きくなると日本ではマニアの間で人気のトッケイヤモリになるそうです。

トッケイヤモリ

さすがにこんなに大きくなって家に居られたら怖いですが、グリーンの子供ヤモリしか見た事ないので、ここまで育つのは森の中だけじゃないでしょうか。

大きさにも寄るみたいですが『トッケイヤモリ』は日本で2000円~4000円ぐらいで取引されているようです。

最近になって家の駐車場にノラ猫とその子猫が住み着くようになり、可愛がっていたらこのヤモリを食べているらしく、最近の私の家ではヤモリが激減しています(笑

一度だけ、母猫がヤモリをダッシュで捕獲してガジガジとかじって食べているのを見た事があります

その他、猫はゴキブリが家に侵入して来る所を捕獲して退治してくれたりネズミもやっつけてくれるおかげで、私の家の中には害虫がアリ以外すっかり居なくなりました(笑

一番怖いのは真ダニ

真ダニに注意

出典:http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=338270

こいつはマジで怖いです。真ダニです。(絶対にGoogle画像検索で真ダニはggらない方が良いです)

私の家では見かけた事はありませんが、友達の家にはちょろちょろ出没するそうです。
どうやら天井板にスキマがあり、その隙間からのそのそと顔を出してくるようです。

見た目はテントウ虫の親戚かな?と言う大きさで2㎜ぐらいあるので肉眼でもバッチリ確認する事が出来ます。

真ダニは病気の感染源にもなりますし、咬まれると2週間程ずっと血を吸い続けます。
そして吸われている途中で真ダニを無理に引き剥がすと口器(こうき)が残りバイキンが入って病気になります

真ダニは怖い

出典:時事メディカル https://medical.jiji.com/topics/306

怖過ぎませんか?ガクブルですよね。

5㎜ぐらいの真ダニが血を吸い続けるとこんなにも膨れて大きくなってしまうんですよ。

コレに刺されたら、ライターの火で炙って逃げて貰うか病院に行って取り除いて貰うしか手段が無いみたいです。

と言っても、真ダニが人間を咬む事はあまり無いようで、私の近所の人や知り合いも真ダニに咬まれたと言う人は見た事ありませんし、聞いたこともまだありません

害虫に咬まれた時の対応策

正直言うとフィリピンより日本に居る虫の方がよっぽどヤバイと思っています(笑

だって背アカコケグモでしょう?スズメバチでしょ?最近ではヒアリもですよね。

私はいつも日本に帰ったら必ずウナコーワクールWを買って帰ります。

かゆみに最高

基本的にフィリピンでは『かゆみ止めの薬』は売っていません(笑

これには普通に驚きなのですが、売ってるのは子供用の虫刺され防止用のクリームだけです。

フィリピンの子供達はかゆい時はどうしてるんだろう?と今も不思議でたまりません。

他にも色々虫は出てきますが脅威となる虫は上記で説明した『ゴキブリ・蚊・真ダニ・アリ』ぐらいではないでしょうか。

恐ろしく変な虫は今まで見た事無いので大丈夫です。

でも、ウナコーワとか虫刺されの薬とか、家の隙間を埋めるコーキング作業は絶対にした方が快適に過ごせる事は間違いありません。

コメント

トップへ戻る