フィリピンに潜む貧困の闇 スラムに生まれた子供達 抜け出せないドロ沼経済事情

フィリピンの貧困の闇 スラムに生まれた子供達はどのような生活をしているのか?何かしてあげられる事は無いのか?教育事がスラムの現状を救うカギとなる

記事を読む

フィリピンでのビザ更新 最長どれくらいまで滞在出来る?

ACRカード フィリピンの生活

ブログ村バナー

そう言えば私がフィリピン移住する時に一番調べた事はタイトルの通り
滞在のルールがわからなかったらフィリピンに滞在出来ひんやんか!ってなわけでビザの更新について記事にしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最初は30日までノービザでOKです。

これはみんな知ってる事ですね
そして次が60日って言うルールだったんだけど、少し前にルールが変わって30日延長した後は6ヶ月単位で延長する事が出来ます。
今回の私は一度帰国した為に2回目のビザ更新に行ってきました。
延長費用は忘れましたが5000円ぐらいです(これも最近値段が上がりました。
そして2度目の延長からは6ヶ月延長が可能になりますが恐らく1ヶ月当たり4000円x6ヶ月と言う計算になりそうです。
まぁ私が住む街DAVAOのイミグレーションは外人もそんなに居ないので空いてますし小さいです。
英語が出来なくても意外とすんなり延長申請させて貰えますので日本のお役所みたいに身構える必要はありません

ビザ更新の時の写真は必要?

DAVAOのイミグレーションでは、イミグレーションセンターの周りに必ずと言って良い程コピー屋さんがあります
日本でもそうですがパスポートの申請所の周りに写真屋があるようなもんです
DAVAOでも同じく写真屋もありますしコピー屋もあるのです。
そのコピー屋にまず行き、顔写真の部分と裏面をコピー1部ずつコピーして貰います
恐らく2枚取ってもらって10円程度です。

それを持ってイミグレーションに入り受付けでパスポートとコピー屋で取ってきたコピーを渡して『エクステンション!』と言えば受け付けてくれて受付用紙を渡されます。
受付用紙は住所と出生国と名前とありきたりな質問しかありませんが、住所は自分が住むと決めた住所を記載します。
適当に書いたとしても恐らく何も言われないですけどね。(笑

フィリピンの観光ビザ(無査証)延長・更新の手続きと実務の方法
またまた行ってきました、でびきんです。 もうダバオ(フィリピン)に住んで約一年半になりますから、もう何度もビザの延長はしているのですが、即日配布されたりされなかったり、コロコロ変わるのがめんどくさいです。 フィリピン現地で初めてVISA...

ビザの更新ルールは良く変わる

ルールが意外とコロコロと変わりますのでビザの延長についてはコマメにチェックして置いた方が良さそうです。
基本的に最初の30日はノービザと考えていて良いですが、エクスプレスフィーを取られたり取られなかったりで1回延長する度に2000円~3000円程度の支払額が変わってきます。

詳しく説明すると、これはドゥテルテ大統領が、みんな定時で帰りなさい!と発言した事から始まったのですが、定時に職員が帰るようになると職員達がエクスプレスフィーを取れなくなり職員の給料が激減した事から、ドゥテルテ大統領がエクスプレスフィーを取る事を認めた事に起因するようです。

エクスプレスフィーを取られなければ2度イミグレーションに通わなければならないのですが安くビザを延長する事が出来て私はそっちの方が良かったんですが、今では問答無用で自動的にエクスプレスフィーを取られてしまう横暴ともいえるような状態になってます(笑

90日を超えた辺りからACRカードを作ることになります

ACRカード

カードの発行手数料がこの時だけ5000円程取られますからいつもより多めに持っていって下さい。
ACRカードとは、外国人カードみたいなもんですこれがあるとかなり便利になります。

フィリピンの友達や彼女にお金を送金してあげる時にもACR-Iカードがあれば、パスポート不要で送金する事が出来るようになりますし、船に乗って近くの島に行く時でもパスポート見せろ!と言われますがACR-Iカードがあれば、ここでもパスポートは不要になります。

日本で言う免許証と同等の効力があり、国内線の飛行機に乗る時などにパスポートを見せなくてもACRカード一発でOKとなります
ACRカードは国外に出ない限りずっと使えるはずです。有効期限は1年更新なので要チェックです。

滞在の裏技、捨てチケット

こうして延長を繰り返し、合計3年までは滞在することが出来ます。
3年滞在したからと言って一度帰国しなきゃならないなんて事もありません
この手法はバックパッカーの間では常識となっていますが、3年を超えそうになったら国外に出れば良いのです。
日本に帰れ!と限定されいてるわけではありませんので、すぐ近くの国シンガポールやマレーシアに行って24時間以上滞在してから、再び入国すれば問題ありません
また30日からのエクステンション申請となりますが、同じように最大3年まで滞在することが可能になります。

捨てチケットとは

捨てチケットとは読んで字の如く、捨てる為のチケットなんです。
すげーもったいない気がするのですが必要なので仕方ないですね。

では何故、捨てチケットが必要になるのかと言うと、入国出来ないからです。
何が入国出来ないかと、言うとフィリピンにです。

フィリピン以外の国でも多分そうなのですが、出国のチケットを取得済みで無い場合は入国させてくれません。
出国の予定は別に2か月後でも半年後でも構わないのですが、とにかく出国予定が無い外国人は入国させてくれないのです。

理由はツーリスト(旅行者・旅人)だからです。
フィリピン人の奥さんが居る場合は永住権が与えられますので出国チケットは不要になりますが、観光ビザの場合は出国予定が必須になります。

捨てチケットはプロモを使って格安で取得すべし

捨てチケットはその名の通り捨てる為の出国チケットの事です。
初めから乗る気が無いのですから、出来るだけ安いチケットが欲しいですね。
現状で私が知る限り一番安いチケットは4000円~7000円です。

私が住むダバオ国際空港からのチケットである必要はありません。

マニラから一番安い国外に出るチケットであれば全く問題ありません。
兎に角フィリピンじゃない国に行くチケットを持って居るか?と言う事が問われますから、フィリピンのどこの空港から発でもいいので安いプロモのチケットを入国チケットを買う時に一緒に買っておきましょう。

フィリピン移住したい!フィリピンでどうやって稼ぐ?
英語の勉強がてら海外に移住したい! 海外旅行が好きな人や日本に刺激を感じなくなってしまった人はそう考える人も多いのではないでしょうか? 何を隠そう、私も同じように旅行が好きだし日本に刺激を感じる事も無くなっていました。 おまけに引...

コメント

トップへ戻る