フィリピンに潜む貧困の闇 スラムに生まれた子供達 抜け出せないドロ沼経済事情

フィリピンの貧困の闇 スラムに生まれた子供達はどのような生活をしているのか?何かしてあげられる事は無いのか?教育事がスラムの現状を救うカギとなる

記事を読む

【フィリピン水】生活で欠かせないフィリピンの水の事

フィリピンの水事情 フィリピンの生活

ブログ村バナー

ども!でびきんです。

フィリピン留学や移住して生活するとなると、毎日の生活に欠かせないのは『水』では無いでしょうか。
留学中にうっかり『飲めない水』を飲んでしまって1週間高熱にうなされた・・・なんて事になったら、せっかくの留学生活が英語学習も出来ずに終わってしまったら、シャレにもなりませんよね。

今日はそんなフィリピンでの水事情をフィリピン移住3年目のわたくし、でびきんがお届け致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィリピンの水道水は飲める?

いきなりがっつり飲用水の話です。
結論から先に言うと『基本的にフィリピンの水道水は飲めない』と考えた方が良いかと思います。

何故なら、めちゃくちゃ白いからです(笑

恐らくカルキのせいだとは思うのですが、コップに水を入れると石灰石が入った水みたいな見た目です。
ちょっと表現的に難しいのですが、そうとしか表現出来ない『白さ』なのです。

でも、コップに水を入れて20分ぐらい経過すると透明な水に変わっています

これは要するに・・・何か入ってると言う事ですね(笑

断水の頻度

私が住んでいる家はコンドミニアムではありません。
普通に中流階級程度のフィリピン人が暮らしているような、平屋(ひらや)の住宅です。

間取りは2LDKで中庭と駐車場と小さな庭がある、フィリピンではごく一般的な家だと思います。

フィリピンの水道局?では、民間が運営しているのか細かくエリアが分かれており同じタウン(街)でも私の家は断水してるのに、2ブロック向こうの友達の家では水道が使えるなんて事もあります。

そして、時期にもよりますが、断水する時は結構頻繁に断水します。

しかも、何も言わずに急に水道が止まります(笑

貯蔵水タンク

その為に普段はいつ断水が起きても良いように、Septic Tank(セプティックタンク)と言うものが家に備わっており、そこに水を貯めて置きいつ断水になっても水が使えるようになっています。

そして、断水の後は暫く水を流してから使わないと『サビ水』が出てきますので、しばらくサビが無くなるまで水を出し続けます。

飲用水はお金を出して買うのが常識

配達水

フィリピンでは基本的にウォーターサーバーの水を飲んでいます。

え?高いじゃん!

って思う方もいらっしゃるかと思いますが、約20L入った上記のタンクが1本30円(15ペソ)~50円程度で売られています。

しかも、20Lのボトルなんてそう簡単に持ち運べないのでSMSでメールを送るとその日のうちに届けてくれますから、別に費用がめちゃくちゃ掛かるわけでも無く水道水と同じような使い方で気軽に利用出来る水が出回っています。

食器を水道水で洗った後、この綺麗な水で食器をすすぐような使い方をして使っています。
私の家では毎月8本ぐらいしか使いませんから、1か月200円ぐらいの水代となります。

しかし、なんでこんなに水が安いのか?

フィリピンに移住して暫くの間は疑問に思っていたのですが、実はこの水・・・・

 

ボトルウォーターの正体

フィリピンでは、このように濾過(ろか)システムを導入した小さな個人店がいくつもあり、水道水を飲用水に代えて販売しているようです。

画像の会社は清潔な方で、実際にはもっともっと普通の民家の中でこのような事が行われています(笑

一応この濾過システムは結構な設備で濾過されている為、一応綺麗な水として私は飲んでいますが、天然水とかミネラルタップリの水と言うわけではありませんし、別段『美味しい!』ってわけでもありません。

 

コメント

トップへ戻る