フィリピンに潜む貧困の闇 スラムに生まれた子供達 抜け出せないドロ沼経済事情

フィリピンの貧困の闇 スラムに生まれた子供達はどのような生活をしているのか?何かしてあげられる事は無いのか?教育事がスラムの現状を救うカギとなる

記事を読む

フィリピンの水ビジネスはアツイのか?

フィリピン水ビジネス ビジネス

ブログ村バナー

ども!フィリピン移住3年目になるでびきんです。

フィリピンで暮らしているとどうしても不便に感じる事が沢山あります。
もちろんフィリピンの人はそれが普通なのですが、日本で暮らしていた私からするとフィリピンの暮らしは時々不便だなと感じます。

その不便に感じる中でも、一番が暮らしに欠かせない水です。
以前にも水ついては記事にしたのですが、今回は『水ビジネス』として視野に入れた時の水事情について語りたいと思います。

参考記事: 【フィリピン水】生活で欠かせないフィリピンの水の事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィリピンの飲料水についての背景

フィリピンの飲用水についての背景

世界中でも水道水がそのまま飲める国と言うのは少ないのは有名な話。

しかし、フィリピンやインドネシアなどのアジア諸国については他の国よりも水事情は厳しい状態なのだと思います。
フィリピンのスービックや山奥地帯の地域では水道すら通っていないのが普通の事であり、井戸水を日常水として使っている地域もあれば、貯めた雨水をそのまま飲用水として飲んで暮らしているような今も存在している地域まであります。

日本でも飲用水は買うものだと言う認識の人も近年では多いとは思いますが、フィリピンの水道水はサビ鉄が混じって流れてきたり、カルキが多く含まれておりコップに水を汲むと『真っ白』な状態だったり非常に不純物が多いのです。

そしてフィリピンでも水は買うのが常識となっています。

水は上記の写真にあるボトル1本が25ペソ(約50円)と爆発的に安いのですが、

 

これ・・・水道水を浄水器に通しただけの水なのです。

 

日本だとリッチなミネラル水だったり、水素水や天然水など非常に美味しい水が売られていますが、多くのフィリピンで売られている水は、水道水を浄化したものが殆どです。

フィリピンの水が不便だと感じる事

フィリピンの水が不便だと思うのは、水道水が綺麗な水が出ない事はもちろんなのですが、先程のウォーターボトルの不便な点はもうひとつあります。

フィリピンの飲用水についての背景

これ・・・・ボトル1つ25㎏ぐらいあります。

そうです・・・ひっじょーーーーに重たいのです。

写真のボトルは使用済みで空っぽのボトルなので軽いのですが、中身が詰まったボトルは想像以上に重たいです。
ボトルの形状的な問題もありますが、持ちにくいと言う事もあって重さ倍増しています(笑

何が言いたいかと言うと、ボトルを業者に配達して貰った後、このボトルを運ぶのが不便である事と、ウォーターサーバーにセットするのが、『女性では圧倒的に困難』であることです。

フィリピンのウォーターサーバー

フィリピンのウォーターサーバーはこんな感じが標準です。

HotとColdが使える私の家のウォーターサーバーはちょっとリッチなタイプのものですが、形状的には一般的なものです。

あの25㎏ぐらいもあるボトルをこのサーバーの高さまで持ち上げるのは、男子である私ですら『毎回困難』なのです。

かく言う私も『女性並みの腕力』しか無いと言うのも問題なのかも知れませんが、圧倒的に重いです。

浄水器はどうか

そこで毎回持ち上げるのは大変だし、フィリピンで浄水器を取り付けてしまえばウォーターボトルを買わなくても便利に使えるのではないかと考えた私は、浄水器を探しに行った事もあります。

水道水の水に『黒いツブツブが混じる』事もあって気持ち悪いからです。

フィリピンの浄水器

フィリピンの浄水器はこのような仰々しい『業務用?』みたいなものが多く安い物であれば、トコトン安くチープなものばかりです。

安物の浄水器

これ1つ300円の浄水器です。

この安い浄水器を買ってみたのですが、蛇口が合いませんでした・・・・

ゴムのパッキンを締め上げて固定するタイプなのですが、水圧に負けてしまって浄水器本体がぶっ飛んで行くのです(笑

せめて、もっとちゃんとした浄水器が欲しいものですね。

フィリピンの浄水器は蛇口に問題がある

フィリピンの浄水器には圧倒的な問題として、蛇口の問題があります。

フィリピンの蛇口はJIS規格のような規格が無く、家についている蛇口は全て形がバラバラで大きさもバラバラなのです。

ですから、浄水器を買ってきたとしても、容易に設置する事が出来ずに四苦八苦してしまいます。

最悪の場合は蛇口ごと全部交換してしまうより方法が無くなる事が最大の問題ではないかと思います。

不便に感じる事こそビジネスチャンスのきっかけである

フィリピン移住失敗談

フィリピンはみなさんもご存じの通り『発展途上国』であります。

それだけに、フィリピンでは不便な事が非常に多く、今回の水事情についても十分にビジネス参入のチャンスは沢山あると思います。

私はとりあえず、この水のボトルが重いのを何とかしたい!と思っております(笑

  • ウォーターポンプを繋いでボトルから直接吸い上げる事は出来ないか?
  • テコの原理などを応用して簡単にサーバーにボトルをセット出来ないか?
  • 簡単に設置出来る浄水器は無いか?

など、色々考えたりはしているのですが、日本の既存の浄水器を手軽に設置出来れば一番良いのですが・・・・

また、井戸水を利用しているような貧困地区でもっと便利に水が利用出来るような環境があれば、もっとフィリピンの発展は早くなるのではないかと考えています。

 

コメント

トップへ戻る