フィリピンに潜む貧困の闇 スラムに生まれた子供達 抜け出せないドロ沼経済事情

フィリピンの貧困の闇 スラムに生まれた子供達はどのような生活をしているのか?何かしてあげられる事は無いのか?教育事がスラムの現状を救うカギとなる

記事を読む

【携帯電話】フィリピンの携帯電話の買い方と使い方

海外SIMフリー携帯 フィリピンの生活

ブログ村バナー

これからフィリピンに旅行する人も留学を考えている人も知っておいて損は無い携帯電話事情をメモがてら書きたいと思います。
特に友達とフィリピン旅行するなら、携帯電話で連絡のやり取りが出来れば凄く便利です。
日本の空港からフィリピンや海外向けに携帯レンタルとかありますけど、フィリピンに来るなら、返却の必要もありませんから買っちゃった方が絶対安いと思います。

2018年8月1日追記 更に内容を充実させました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィリピンで携帯電話を使用する方法?

フィリピンで携帯電話を使用するには?

フィリピンで携帯電話を使用するには以下の2つの方法があります。

  1. SIMロック携帯電話ならWifiのみで使用し通話はLINEなどのアプリを使う方法
  2. SIMフリー携帯電話を使う方法

短期間の利用であれば、1の方法でもポケットWifiさえあれば不自由なく使えますが、長期滞在となると何かと不便になる場面が出てしまいますので、SIMフリー携帯電話を使ってストレスなく快適に使う方が良いでしょう。

近年ではSIMロックされた携帯も少なくなってきていますし、キャリアロック(AU・Docomo・SoftBank)の携帯なら残債を払うか半年間加入し続ければ殆どの場合でロックが解除されますので、特に問題は起きないかと思います。

ちなみに私の場合はiPhone 6PlusのSIMフリー携帯を使っています。

フィリピンでSIMフリー携帯電話の価格と購入する場合

海外SIMフリー携帯

別にSIMフリー携帯電話を持っていない場合でも現地の携帯電話ショップでは一番安いガラケーなら499ペソ(約1000円)から購入する事が出来ますし、中古ガラケーなら299ペソ(約600円)程度で買えてしまいますから、友達同士で旅行に来ているなら、トランシーバー代わりに購入して使うと言うのもお得な使い方です。

ショップではガラケーと一緒にGlobeSmartのSIMも一緒に販売していますから、スグに使えるようにして欲しいと頼むと快くセットアップしてくれますから、気軽に聞いてみると良いでしょう。

携帯電話の購入については、街を歩けば普通にガラケーが沢山並べられてるお店があります。
フィリピンは何故か、携帯電話のアクセサリーやケースを売るショップが異常に多く、本当にどこに行ってもSIMとガラケーには困りません。

間違っても、500ペソ以下で売られてるガラケーは買わない事です。
初めてのフィリピン旅行の時に4人で行って私以外の友達3人が499ペソで売ってたガラケーを買ったんですが、3人の友達に電話すると何を言ってるか分からないレベルでマイクの質が悪くて困った経験があります。(苦笑

日本のキャリアのままで海外ローミングで使うと悲惨な事になる

海外パケ放題は危険

本当に怖い事になるので注意して下さい(笑

海外ローミングを使わずに海外で携帯電話を使用するには、必ず携帯を『機内モード』にしておく事を忘れないで下さい。フィリピンの空港に到着しても絶対に機内モードを解除せずにWifiだけで使う事です。

ちなみに海外パケ放題を使った場合はどうなるかと言うと・・・・

キャリア海外パケホーダイ(1日)音声通話(1分)公式料金ページ
Docomo(ドコモ)2980円125円(発信) 70円(着信)Docomo公式
AU2980円(ダブル定額)175円(発信) 155円(着信)AU公式
SoftBank2980円(ダブル定額)175円(発信) 155円(着信)SoftBank公式

実際には各キャリアによって細かい設定や違いはありますが、ローミングモードは標準でONの状態になっていますから、機内モードを解除した途端に海外ローミングモードに入り課金されてしまうので注意が必要です

フィリピンの携帯電話でもローミングモードはありますが、フィリピン国内で利用する分には問題ありませんし、プリペイド式の携帯電話なので、課金(チャージ)している金額以上に請求される事はありません。

フィリピンの携帯電話の契約は不要 基本はプリペイド

フィリピンSIM

表題の通りイキナリこれです(笑
逆に言うと必要なだけチャージしてロードして使うだけなので非常に安価で利用する事が出来ます。
もし日本からスマホを持ってくる場合はSIMフリー携帯電話があると本当に便利です。
非常に手軽に使えるのがフィリピン携帯電話のメリットです。

ちなみに通話とデータ通信両方出来るSIMを1つ買っても140円程度です。
もちろん身分証明書なんて不要で買えます。

SIMと携帯電話の購入方法

SIMはフィリピン国内の空港内にGlobeとかSmartと書いてある看板を絶対に見かけると思います。
探すまでもない程に目立っていますから、すぐに見つける事が出来ます。
SIM自体は空港を出た後でも、街のそこら中で販売されていますから、焦って購入する必要はありませんが、街の露店などで買おうとすると、10ペソ(20円)程度高い値段で売りつけられる事は普通にあります。

SIMの種類はざっくりデータ専用SIM(Wifi用)Data&Call用SIM(ガラケー&スマホ用)があります。
どっちのSIMにも電話番号は付与されているので、どっちを買っても同じなんじゃない?と思っていますが微妙に何かが違うみたいです。
結局どっちも買ったことがありますが、スマホで利用出来ています。

フィリピンで携帯電話のレンタルは必要か?

正直に言って不要です。要りません。
そもそもフィリピンは携帯電話が安い国ですしSIMも通話料も安いですから、レンタルして返却しなきゃダメなのが逆に煩わしいレベルで不要だと思います。

Wifiのレンタルもありますが、設定が少々面倒なので、Wifiに関してはレンタルしても良いかな?と考えると思いますが、携帯電話に限っては断言出来ます!買った方が良いです。

ただ、現地でWifi探してバタバタするよりもスマートにスムーズにWifiを使ってインターネットをしたいと言う方にはWifiレンタルなど契約しておいても良いかと思います。

>> フィリピンで利用可能な高速レンタルWifi

フィリピンの携帯電話の周波数帯

あまり詳しくないのでアレですが、私は日本から持ち込んだSIMフリーのiPhoneを使っていますがLTEで問題無く使用出来ています。ちなみにキャリアはSmartを使っていますが、友達はGlobeを使用していますが、いずれも問題なく利用出来ていますし、友達の彼女はGaraxyを使ったりしてますが、それも問題無くLTE回線を利用出来ていますので、スマホの通信技術に関しては特に心配する必要は無いように思いますが、気になる方は下記の表で詳しく掲載されていますので調べて下さい。

List of mobile network operators of the Asia Pacific region - Wikipedia
フィリピンのキャリア周波数表

フィリピンのキャリア周波数表

フィリピン携帯電話のキャリア事情

フィリピンのキャリアは大きく分けて2つですGlobeとSmartです。
どちらかと言うとSmartが日本で言うドコモと言う印象でしょうか。

2番手としてGlobeがある感じです。

更にGlobeの子会社でTMと言うのがありSmartの子会社はSUNとTNTと言うキャリアがあります。
SUNとか使ったことないキャリアが色々あるようですが分からないので割愛します。

マニラとセブで電波が安定してるのはやはり大手のGlobeが有利かな?と言う印象はあります。
しかし、ここダバオではSmartの方が強いと私は個人的に思います。
お昼12時前後と夜中12時前後は3Gの表示になる時がぼちぼちありますが普通に電話するとかだと問題無く使えるレベルですのでそこまで心配する必要は無いと思います。

旅行に来たら取り敢えず、GlobeかSmartのどちらかを選択しておけば間違いないと思います。

携帯電話キャリアの普及率99% シェアはGlobeが52%

今やフィリピンで携帯電話の普及率はほぼ100%と見て間違いありません。
1人1台で多い人は3台4台と携帯電話を所有しているのが今のフィリピンの現状です。

2012年の時点でGlobeのフィリピンでの携帯電話市場のシェアは32%しかありませんでしたが、2016年には52%のシェアを占める程に急成長し、業界最大手のPLDT(Smart)のシェアを追い越したのです。

と言うわけで現状の2018年ではGlobeが携帯電話キャリアのシェア面では最大手と言えますが、その差2%なので2台巨頭の状態であります。

シェアが殆ど変らないのでどちらを選択しても基本的に問題は無いと思いますがGlobeが若干優勢かな?と私は思いますし、オススメするのもGlobeです。

参考資料URL:  mobileworldlive.com

実際にマニラでSmartSIMの携帯電話を使ってみた感想

丁度ジェットスターのキャンペーンがあり、日本→アンヘレス直行便が1万円と言う格安キャンペーンをしていたので、日本からフィリピンへ戻る時に利用しました。

結論から言うとSmartはアンヘレスの店内に入ると電波が全く繋がらず使い物にならない状態に・・・

壁や障害物に弱いと言う印象が否めません、セブ島ではGlobeもSmartも問題なく快適に使えていました。

どちらかと言うと、GlobeSIMを選択するのが現時点2018年では最良の選択ではないかと思います。

セブ島でもGlobeユーザーが優勢

セブ島やマニラは観光地でやはりGlobeユーザーが多いかと思われます。
その根拠としては、携帯ショップでSIMはどっちが良いの?と聞くと高い確率でショップ店員さんはGlobeと答えてくれる事からGlobeの普及率が高く安心して使えると言う事なのでしょう。

フィリピン国内での携帯電話のかけ方と使い方

電話のかけ方自体は日本の携帯電話の使い方と全く同じです。
ただ、少し困るのは電話番号の変換の仕方です。

フィリピンの携帯番号の調べ方

フィリピンのSIMカード

フィリピンのSIMカード

上記が実際のSIMカードの外側です。
赤い丸の所が10ケタあります、これが電話番号になります。
電話の掛け方は頭にゼロを付けて 09000000000が電話番号になります。
そして、海外からこの携帯電話に電話を掛ける時は、国番号 +63になりますから、さっき追加したゼロを削除して+63 900000000 に電話番号を掛けると着信出来ます。

意外とややこしいのですが、iPhoneから友達の電話番号にかけようとすると +63 0000000000となってたりしても、そのまま電話を掛ける事が出来ますので、特に気にせず電話して大丈夫です。

フィリピン携帯電話の使い方と操作方法

フィリピン携帯のロード方法

基本的にはサリサリストアでLoad DITO と書かれている看板が見えます。
そう言う所は大体ロード可能ですから、スマートロード!と言って金額を伝えれば電話番号を聞かれて伝えるとチャージしてくれます。手数料は店に寄って違いますが大体1ペソ~5ペソ程度です。

チャージ(ロード)して貰うとSMSが自分の携帯に飛んで来て伝えた額が表示されているはずです。
これで携帯にロードが完了した事になりますから、ここで使用プランをコマンド送信して使用可能になります。

携帯電話チャージが10%キャッシュバックして貰えるアプリでチャージした方がお得で日本人には分かり易いと思います。以下の記事も合わせてお読み下さい。

参考記事: 携帯チャージが10%キャッシュバックされるCoins.ph

Smartコマンドの使い方

チャージしたお金を実際にロードして使うと言う流れです
詳しいプランの詳細はこちらに掲載されています。

それとサリサリストアでチャージしない場合はeLoadと言うカードがモールなどで売られています。
Smart eLoad Card
基本的にeLoadカードはあまり売られて無いので大手のショッピングモールなどに行かないと手に入らないと考えた方が良さそうですから、サリサリで出来ればチャージしたい所です。

eLoadカードを買った人は裏面の銀のマスクをコインで削って剥がします。
剥がしたらコマンドを入力します。

eLoadカードのチャージの仕方(Smart)

Reload カードの番号 半角スペース 自分の電話番号

尚、送信先は1510にSMSで送信します。
自分の電話番号は+63の部分を0に置き換えます。
大抵は +63 3桁 3桁 4桁 の組み合わせで+63を0に置き換えますから合計12桁が電話番号になります。

Smartプランのロード方法

Giga50

送信先は2200にSMSで送信します。
プランの詳細は前述のこちらに掲載されています。

携帯電話の残高と期限の確認方法

Bro bal

同じく送信先は2200にSMSで送信します。
送信完了後にSmartからSMSが届き、現在のロードの有効期限やネット残高が送信されてきます。

パサロードの方法 ロードした料金を別の携帯電話に移動させる方法

相手の電話番号 半角スペース 金額

送信先は808へSMSで送信します。
送れる金額はp2,p5,p10,p15,p20,p30,p60,p100~です。
料金表一覧はこちらに掲載されています。

これは旅行の終わりや滞在の終わりに余ったチャージを友達にあげたりする時に使う程度ですから、普段はほぼ使う事は無いと思いますが覚えておくと便利な機能です。

GlobeSIMの場合のコマンドの使い方

実は自宅の回線(LandLinePLDT)が先日の雷で不通になってしまいました。
暫くはSmartのLTEテザリングで凌いでいたのですが一向に復旧の気配が無い事からGlobeHomeWifiを購入しました。

Globe-Home-Prepaid-Wifi-adobotech

これのメリットは回線工事不要で10Gサービスで付属してくると言う神仕様です。
まぁ詳細は別記事に譲るとしてGlobeSIMのコマンドについて解説します。

Globeの使い方については基本的に上記のSmartSIM携帯の使い方と同じでSMSを送信してプランをロードして使用すると言う形式です。

GlobeSIMの有効期限

フィリピンNo1のキャリアGlobeSIMの有効期限は何もしない状態で3か月です。
実はチャージが切れてから2週間の間何もしないで放置していると一日2ペソずつ電話番号の維持手数料が差し引かれて行きます。

SIMを全く使わなくなる場合は、他の携帯電話に余ったチャージ料金を移動させるような工夫をした方がお得に使えます。

GlobeSIMプランのロード方法

各種プランは公式サイトで詳細を確認する事が出来ます。
GlobeGoSurfPlan

基本的に使用するプランは上記で良いと思います。
8080番宛にKEYWORDコマンドをSMSで送信する事でお好みのプランをロードする事が出来ます。

自分の携帯電話からは

8080 Gosurf50

これだけで3日間1GBをロードして使用する事が出来るようになります。
回線速度はSmartと同等と考えて良いと思います。

裏ワザ的にGoSurf50コマンドの有効3日間以内にHomeSurf15と送信するだけで追加15ペソで1GBと言うお得な技があると知ったので上記のGlobeHomeWifiを買った次第です。

Globeに関してはこちらのアプリをスマホにインストールする事でいくら課金しているかとネットの消費量と残高を確認する事出来ます。

Globeプリペイドアプリ

上記アプリを使ってクレカからロードする事も出来て非常に便利なので、GlobeとSmartで考えるとGlobeの方が使い勝手は良いのかな?と思います。

コメント

トップへ戻る