フィリピンに潜む貧困の闇 スラムに生まれた子供達 抜け出せないドロ沼経済事情

フィリピンの貧困の闇 スラムに生まれた子供達はどのような生活をしているのか?何かしてあげられる事は無いのか?教育事がスラムの現状を救うカギとなる

記事を読む

ゼロ円留学?!無料でフィリピン留学が出来るセブ島留学はアリか?

セブ島留学 フィリピン移住
マクタン

ブログ村バナー

こんにちはでびきんです。
先日とあるブログでゼロ円留学でセブ島に行く!みたいなブログを読んでいたんですけど、実際のセブ島のイメージとは大きく違っていたので、私も書いてやるぜ!と思って無料セブ島留学について調べてみましたのでお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゼロ円留学って何よ?

簡単に言うとゼロ円留学とはつまりインターンシップ留学の事で、6ヶ月間インターンシップとして働きながら英語を学習させて貰えると言う制度のある語学学校の事です。

要するに現地の語学学校で働きながら労働と引き換えに英語を教わると言う仕組み。

なるほどなるほど!納得です。NILS ←この学校がやってます。

インターンシップで行くと毎日4時間マンツーマンレッスンで英語を教えて貰えて、更に食費と宿泊費が無料になると言うもの、また土日はグループレッスンがあるので1週間で20時間のマンツーマンレッスンを無料で受けられます。

インターンシップに伴う実費は、飛行機代、就労ビザの申請および取得代金と海外保険料ぐらいになりますから、かなりお得ですね!
ちなみに一日のインターン生の時間割(スケジュール)はこんな感じ

インターン生のスケジュール

インターン生のスケジュール

そしてアクティビティや休日は遊びとかもしますから、半年間のお小遣い程度が必要になる感じですね。でも、上記のスケジュール見てたら平日は遊ぶヒマも無いぐらいみっちり英語漬けになるのが良いですね。
ちなみに以前、私が書いたフィリピンの物価などを参考にお小遣いは半年間で15万円もあれば十分でしょう。


英語中学生レベルの私が留学して本当に英語をマスター出来るのか?

必ずこう言う疑問は出て来るものですよね。せっかくフィリピンに留学しても成果が得られなければ意味がありません。
ちなみに私も中学生レベルどころか、ほぼほぼ全く話せない状態からのスタートでした。

海外に来ても何もしなければ英語は身に付かない

フィリピンに滞在して早くも1年と4ヶ月ですが、未だにそこまで話せるレベルになっていませんが私の場合は学校にも行かず、現地の人と話ながら、のほほんと暮らしてますから覚えるのが圧倒的に遅いです。
もちろん最低限度の英語は身に付きますが、店員が話す定型文的な言葉とそれに対する返答や挨拶程度です。

いっぽう、私より2ヶ月早く移住した日本人の友達は自宅で毎日8時間の自習をしていましたので、かなり話せるし英語音声の映画を普通に見て楽しめるレベルになっていました。(彼は滞在1年4ヶ月で日本へ帰りました)

学校に行かなければ私の過去記事のようにすげーチープな滞在費用で暮らして行けるのですが、私が暮らしているのは現地人と同じ様な生活をしているからです。(現地人より少しリッチですが)

改めて語学学校のカリキュラムを見ていると、そりゃぁこれなら英語覚えるわな。と言う印象が強かったです。
それは何故かと言うと、毎日専任の講師が付いてみっちり英語、文法から実際の発声まで生で聞けて勉強出来る環境にあると言うのは最高でしょう。

出会い系アプリで彼女をゲットした時のチャットを大公開
フィリピン美女をゲットしたーい!金髪ヤンキーギャルよりアジアン美女が好き!と言うそこのあなた! 私が普段フィリピンで出会い系アプリを使って美女をゲットするまでの流れを実例チャットを公開して紹介してみました。 フィリピンギャルはシンプルな...

セブ島留学の費用はどうなの?高いんじゃないの?

インターンシップ生じゃなくて普通に生徒として行くならこれくらい

一日6時間コースの語学留学費用

一日6時間コースの語学留学費用

確かに安くは無いですね。
でも、実際、日本に居たのでは経験出来ない沢山の事を学べるし、宿泊先は私の家と違い非常に最高な環境ですから、これぐらいの費用が掛かるのも納得出来ます。
これに別途渡航費の往復費用が5万円程度追加で掛かるぐらいです。

そう考えても欧州やカナダなどに語学留学に行くよりも遥かに安い金額となります。

どらくらい滞在すれば良いものなの?

基礎学力にも寄りますが英語をスラスラっと話せるレベルになるのなら最低でも12週間(3ヶ月)は滞在したい所です、毎日の勉強時間は一日8時間コースぐらいを選択したいです

ゼロ円インターンシップなら6時間コースですから半年はマストではないでしょうか。
それでも、やっぱり濃縮された語学学習の時間を過ごせると考えれば良い時間を過ごせると思います。
取り敢えず話が聞ける、何を言ってるのか理解出来るレベルであれば、6時間コースの8週間は選択しておきたいと思いますね。

海外に行くと耳が良くなる(英語が聞き取れる)

そもそも、旅行者として英語が飛び交う国に行って1週間滞在してるだけで『耳』が良くなります。
発音的に何を言ってるのか、単語の意味はわからなくても聞き取れるようになるんです。
そして2週間滞在している内に、現地の人達が話してる英語の発音をマネして口に出すようになります。

これだけでも最初は十分な英語の勉強としての成果になりますし英語力としてもレベルアップです。

そして1ヶ月もすれば、自分の行動全てを英語に訳したら『どう言うんだろう?』なんて言えば伝わるんだろう?とずっと頭の中で考えるようになりますし、身の回りの物を英語で表現するにはどうするか?どんな単語か?と言う事が気になり始めます(私の場合はそうだった)

そんな時に、すぐに英語の勉強に取り掛かれるのは、海外留学している最大のメリットでは無いでしょうか。
そして覚えた英語をスグに聞いて貰ってしっかり発音出来ているか?と言う所をチェック出来る環境にあると言う事も素晴らしいです。

ね?日本に居たのではそんな環境にはならないし、TVを付けたら日本語の聞き慣れた音声が聞こえてくるような所でどうやってそんな情況になるのでしょう?
環境がそもそも全然違いますよね。

そして周りとコミュニケーションしたい場合は英語じゃないと通じませんし、せっかくフィリピンに着てるんだから、フィリピン人とコミュニケーションしたいじゃないですか。
そう言う貴重な環境に入れる事そのものがセブ島に行って留学する大切な時間だと私は思います。




そして今ならなんと!

セブ島留学1週間19800円

セブ島留学1週間19800円

いやいやいや、安過ぎるでしょ!
これなら渡航費入れて遊び代入れても10万円もあればお釣りが来ます。

これは旅行すると考えてもお得ですね!凄いです!
っつかアリえないですwwww

私は既にフィリピンに今も滞在してるのでダメですけど、私がフィリピンに着てなかったらコレに飛びついていると思います。
フィリピン留学の雰囲気と空気を体験するには十分だと思います。

まずは1週間だけでも、あなた自身でセブ島へ留学してみて肌で感じてみる、その行動力こそが留学への第一歩ではないでしょうか。

移住か留学かを費用で決めるのは間違い?

 

フィリピンに移住する場合は大よそ100万円持って行けば1年間はのんびり暮らせます。
留学で100万円掛ければ3か月~4か月程度の滞在期間になりそうですが、英語を覚える速度は全く違います。

私の場合は移住組で1年5か月になりますが、未だにほぼカタコトです。
自習で毎日がっつり6時間勉強していた友人は、私よりも全然マシなレベルですが、流暢な英語が使えると言うレベルでもありません。

フィリピン現地に移住してる事のメリットは覚えた単語や英語を、近くの人にすぐに聞いて貰えると言う点です。
もちろん、近所の人が私に話し掛けて来る時も英語で話し掛けてきますから、英語に対して拒否反応が無くなるのは良い点だと思っています。

私の結論として、英語を覚える為の渡比であれば、しっかりとスクールに通うのが一番の選択肢だと私は思っています。

フィリピン留学のデメリット

留学のメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

デメリット

  1. スクールと宿泊費用が掛かる
  2. 滞在期間が短い
  3. 英語力が無いと覚えが遅い
  4. フィリピン訛りな英語を話す先生が居る
  5. 日常ではタガログ語・ビサヤ語を話す
  6. 英語圏の表現を一部知らない

さっと考えただけで、これだけのデメリットがあります。
宿泊費用の高さは私が借りている家の家賃から考えれば3倍4倍の価格になっています。
ただ、家の設備としては当然スクールの方が良い設備ですから、水が止まってシャワーに入れないとか、停電するとか虫が家に入ってくると言ったトラブルもありませんから、英語の勉強に集中出来る環境である事は間違いありません。

滞在期間が短いのはデメリットになるか微妙でしたが、短期間で英語を覚える為の集中的な期間ですから、妥当と言えば妥当なんだと思います。目的の違いだと思います。

英語力が無いと覚えが遅いと言うのは確かにあると思います。
留学を考えている人の殆どは、留学前に英語の学習とかしていると思いますが、してない人は基礎学力が低いので、実際に不利になると思います。

単語のスペルや発音1つ知ってるだけで、理解出来る文章や文法を知ってるだけで話せるフレーズもありますから、出来るだけ留学の前には英語力をつけてから留学した方が良いと思います。

フィリピン訛りな英語を話す先生が居ると言うデメリットですが、これはスクールに大きく依存する問題ですが、発音の悪い先生は非常にヤバイです。
私の周りのフィリピン人の40%はビサヤ語訛りで、英語の発音があまりうまくありません。
特に英語を覚えようとしてる初期学習の段階で発音の悪い先生に当たってしまうと、それが普通の英語だと思って覚えてしまうので、この人なんか発音おかしいぞ?聞き取れないぞ?と思った時点でスクールに相談して先生を交代して貰いましょう。

フィリピンの日常では、やはり現地語が優先して使われています。
フィリピン人はフィリピン人である事に誇りを持っていますから、必要ない時には現地語(タガログ・ビサヤ)を使いますから、本当の意味で24時間英語が聞ける環境になるわけではありませんが、日本語が耳に入ってくるよりは全然良いと考えるべきでしょう。

恐らくこれが一番デメリットになると言えばなるかも知れません、英語の使い回しを知らないと言う点、スラングは仕方ないとしても、実際に私が使って通じなかった英語は

That’s cool!

です。もちろん訳は【かっこいい!】です。
でも、これ『フィリピン人の多くに通用しません』
これには本当に私も驚きを隠せませんでした。

じゃぁカッコイイ!ってなんて言えば良いんだ!って思うレベルですよね。
Bing翻訳でもGoogle翻訳でも かっこいい と入力するとCoolと表示されますから、私は現在もフィリピン人にかっこいいを伝える事が出来ていません 笑
代わりに使う表現として、That’s fine と言うようにしています。

しかし、この言い回しの点を除いて言えば、後は英語を学習するのに最高の環境だと言えるでしょう。

お問合わせはこちらから → NILS

【英語学習アプリ】スタディサプリEnglishを使ってみた感想
英語は覚えたいけど勉強法が分からない、昔から学校の成績は最悪で、中学3年生の時の英語のテストは20点以下だった私・・・フィリピンに移住してもうすぐ2年経つけど未だに英語が殆ど出来ず、買い物とか必要最低限のヒアリングは出来るぐらいのレベルです...

コメント

トップへ戻る