フィリピンに潜む貧困の闇 スラムに生まれた子供達 抜け出せないドロ沼経済事情

フィリピンの貧困の闇 スラムに生まれた子供達はどのような生活をしているのか?何かしてあげられる事は無いのか?教育事がスラムの現状を救うカギとなる

記事を読む

【フィリピン病気】フィリピンの薬局は薬が1錠から買えるのが常識

ジェネリカ フィリピンの生活

ブログ村バナー

ども!でびきんです

日本から持ってきたアレルギーの薬が切れてしまった!
痛み止めが無くなってしまった!

フィリピンで滞在中に常備薬が無くなると不安になりますよね

つい先日、私も日本から持ってきた常備薬が切れてしまったのです。
私は季節の変わり目になると体が痒くなると言う謎の症状が出るのです。

皮膚科に行った所、ステロイド系の塗り薬を出して貰って1発で治ったのですが、原因は『ひきこもり』だからと言う事で片付けられてしまいました(笑

不規則な生活と食事の周期がバラバラだとそうなるそうです(謎

謎が謎を呼ぶばかりですが、今日はフィリピンのお薬事情について説明したいと思います。
病院に行くと保険が効かず高いですからね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィリピンの薬局で薬の買い方

フィリピンの薬局では殆どのお店でジェネリック薬(後発医薬品)を取り扱っています。
価格も安い事ながら、フィリピンでは1錠単位で薬を買えるのが常識です。

私:『頭痛薬ちょうだい!』
店員『はいよープラセタモールでいいかな?1錠2.7ペソ(約5.4円)だけど何錠買う?』
私:『んじゃ6個ちょうだい!』

と本当にこんな状態で薬を買う事が出来ます。

日本と違いフィリピンでは薬事法の範囲が緩いので、割と効き目が強い薬でもホイホイと売ってくれます。
日本の薬事法はガチガチに固められてて、ちょっとでも副作用が強い薬は販売禁止ですがフィリピンでは、あくまで自己責任の上で使用する事が大前提となっています。

それだけに、しっかりと買った薬の知識を用いて使用する必要があります。
今はネットで薬品名を調べるとゴロゴロと情報が出てきますから、薬局の人が言う事だけを信用しないで、実際に自分でもネットで調べてから服用するようにしましょう

薬の名前が分からない時は?

薬の名前が分からない時は、

  1. 予めネットで調べてメモして買う
  2. 症状を伝えて薬を選んで貰う

買い方は主に上記の2種類だと思います。

調べた薬をメモに書いて見せるか、口頭でそのまま伝えると、

  1. この薬は無いがジェネリックならあるよ
  2. この薬もあるがジェネリックもあるよ
  3. この薬は処方箋が必要だ
  4. この薬はありません

と言うような返事が返ってくる事でしょう。
返された言葉の中に『プレスクリプション』と言う単語があれば処方箋が必要だぜ!って言われていますので、その場は諦めましょう。

病院に行って医師の処方箋を貰った場合は処方箋をそのまま薬局の受付で提示するだけで薬が買えます。

常備薬として家にあれば便利な薬

ジェネリカ

日本で常備役と言うと、正露丸・胃腸薬・包帯・バンドエイド・オキシドール(消毒液)・オロナイン・ウナコーワ・頭痛薬・のどぬーるスプレー等、それぞれの家庭で常備している内容は違うものの、上記は恐らくどこの家にも置いてあるのではないでしょうか。

フィリピンでも同じように上記の代用品となる薬は入手出来ます。
フィリピンで住むに当たって常備薬としてあると便利な物を紹介しておきます。

フィリピンの消毒液はハイドロゲンペロサイド

HYDROGEN-PEROXIDE(オキシドールの代わり)消毒液です。18ペソ(薬36円)
フィリピンでは衛生面で日本より格段に劣りますから、ちょっとした擦り傷でも破傷風に罹って亡くなる方も居るのが現実です。

イブプロフェン(鎮痛剤) 1錠3ペソ(6円)
プラセタモール(鎮痛剤) 1錠2.5ペソ(5円)
Loratadine(アレルギー薬)1錠8ペソ(16円) 花粉症や蕁麻疹・湿疹に使えるアレルギー薬
MALUNGGAYカプセル500mg 1錠10ペソ(20円) 滋養強壮剤 疲れた時や体調不良時に飲めるサプリ

英語で病気の症状を伝える

Eigooo!英語学習アプリ

病気の症状を英語で伝えるのは少々難しいですよね。
普段使わないような英語ですから、薬を買い求める際には予習してから薬局に足を運びましょう。
私も英語は苦手ですが、以下にいくつか病気の症状を伝える英語を紹介します。

熱が出ているんだ
I have a fever.

喉が痛いんだ
I have a sore throat.

私は頭が痛いんだ
I have a head ache (ヘッドエイクと発音)

私はイボ痔になったんだ
I have Warts Hemorrhoids.

私は下痢をしているんだ
I am the diarrhea

私は便秘をしているんだ
I am constipation

主にGoogle翻訳やBing翻訳の発声機能を使って発音を聞いてから薬局の店員に伝えましょう。
でないと、思い込みのローマ字読み英語では全然伝わらない事があります。

フィリピンで絶対注意するべき薬

フィリピンで頭痛薬や熱冷ましの薬が欲しいと言うと高確率で『プラセタモール』を勧めてきます。

実はこのプラセタモールは肝機能が一時的に弱まる作用があり、プラセタモール使用中にアルコールを摂取すると最悪の場合は『急性アルコール中毒』になって死亡する可能性があります。

私もフィリピンで初めて買った薬は、このプラセタモールなのですがネットでプラセタモールの情報を調べてみると・・・アルコールは絶対禁止と言う注意書きがありました。

12月のパーティーラッシュの時期だったので、プラセタモールを飲むのを辞めてイヴプロフェンを買い直しました。

フィリピンでも、ロキソニンやイヴプロフェンは普通に売っていますから、お酒を飲むぞ!と言う時には必ずロキソニンやイヴプロフェンの方を飲むようにしましょう。

実は、フィリピンのイブプロフェン薬はイブクイックと同量のイヴプロフェンが配合されているのですが、何故かイブクイックと比べると効き目が全然違います。(フィリピンの薬の方は全然効かない)

出来れば解熱剤や痛み止めは、日本のイブクイックやロキソニンを持参してくる方が絶対良いです。

片頭痛に効く痛み止めを遂に見つけた!

2018年10月21日追記

ついに!ついに見つけました!片頭痛に効く薬を!

しかも、超エフェクティブ(めっちゃ効く)なんです。

フィリピンの痛み止めは、やたらとイブプロフェンが配合されているのに、全然効果が無いと言う欠点がありました。

それでいつも頭痛の時は日本から送って貰ったり友達が来る時に持って来て貰う薬No1のイブクイックを飲んでいたのですが、最近イブクイックの残量が残り3回分しか無くて非常に困っていました。

そこで隣のおばちゃんにインタビューして見つけたのが、ファイザー製薬の頭痛薬です。

片頭痛に良く聞くフィリピンの薬

こいつです!ADVIL(アドヴィル)と言うそうですが、頭痛専門の痛み止めと言う触れ込みで売られています。

価格も1錠8.5ペソ(17円)とリーズナブルです!

フィリピンの薬局に売ってるので、これならいつでも買えます。

ソフトジェルカプセルと言う事で、透明のカプセルです。

ファイザー製薬の頭痛薬

少し緑掛かった色をしたカプセルです。

用法は1日3錠、毎食後に1錠ずつ飲むと言う事で、試しに1錠飲んでみたのですが、アッと言う間に片頭痛のズキズキと痛む痛みが消えてしまい頭がすっきりしました。

正直、こう言う薬を探していたのです!

みなさんもフィリピン滞在中に痛み止めが切れてしまった際には是非お試しください。

フィリピンの薬局で抗生物質を貰う方法

ジェネリカ

薬事法が緩いフィリピンと言えども、抗生物質は副作用が強くフィリピンでも処方箋が必要になります。
そう簡単に手に入らないのですが、フィリピンの薬局には週3・4回ドクターが回診してくれる薬局が存在します。

しかも、ドクターフィー(診察料)も掛からずに無料で処方箋を出してくれると言う素晴らしい仕様です。

処方箋の薬も抗生物質はそんなに高価な薬ではありませんので、病院へ行くよりも遥かに安く買う事が出来ます。

そのドクターが回診してくる神のような薬局はジェネリカと言う薬局です。
ジェネリカでここはドクターが来る薬局かい?いつドクターが来るの?』と質問すれば次回の回診がいつかを教えてくれますから、そのタイミングに合わせてジェネリカに行く事で抗生物質を処方して貰い手に入れる事が出来ます。

コメント

トップへ戻る